特徴がない特徴を生かしたロケ地誘致らしいが・・・

以前、綾瀬市商工会議所主催の起業講座に参加したときの、講座終了後の懇親会で、綾瀬市市役所が、「特徴がないという特徴を生かし」てロケ地として招致を積極的に行っている、という話が出ました。その時、「ロケ地を観光地とすればいいのにね~。」という話が出てたのですが・・・。新聞受けに入っていた今月号の広報に、『「イケメンが集まるまち」を巡って楽しもう』「市ロケ地ツアーSeason2」の告知が!

3月11日(日)10時~13時、市内で行われた映画やドラマのロケ地を巡る「市ロケ地ツアーSeason2」を開催します、とのこと。

市役所に集合(10時)→市役所内ロケ地巡り(90分くらい)→市内ロケ地巡り(バスで移動)(60分くらい)→市役所内(南側広場)(20分くらい)→解散(13時) らしい。

広報誌には、「6月公開の映画 市役所で撮影」:6月15日(金)公開予定の映画「空飛ぶタイヤ」では、運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也さん)が高幡真治刑事(寺脇康文さん)に会うため、港北中央署を訪れるシーンが試薬で撮影されました、と紹介されていました。

2月23日までの申し込みで、別に綾瀬市以外在住でも応募できるみたいだけど、重要なこのページ、リンクが張れない(^_^.) 綾瀬市には駅がないから、知人が住んでいるとか、そういう理由がない限り、綾瀬市なんて知ることもないだろうから、市外在住の人で、綾瀬市を知らない人が、ピンポイントでこのページにたどり着ける人って、どのくらいいるんだろう(^_^.)? ん~、詰めが甘くないか・・・?

この間市役所に行ったときに、ちょっと撮ってきました。

ちょっとピンボケになってました(^_^.) スミマセン。

Well being lab

昔から病弱で、極端な薬物過敏症のために、薬での治療が難しく、逆に副作用でいろいろと経験値を重ねている私ですが、せっかくだから、この長期にわたる豊富な患者経験値と、分子生物学の知識を融合させて、病気を持っていろいろと困っている人向けの情報を発信し、シェアしようと立ち上げました。

0コメント

  • 1000 / 1000