たんぽぽ総会記念講演無事終了!

今日、6月16日(土)、東京都立川市女性総合センター・アイムにて、第24回・2018年度たんぽぽ総会が開催され、その記念講演の講師を担当させていただきました。

「たんぽぽ」とは、「子宮筋腫・内膜症・腺筋症体験者の会 たんぽぽ」の略で、婦人科良性疾患の患者の会(自助組織)です。私は、運営スタッフをしています。

演題:

知っているようで意外と知らない?!

筋腫・内膜症・腺筋症に詳しくなろう

14:30~16:30

内容は、

①患者として、最低限知っておいて欲しいこと(エストロゲン・プロゲステロンの働き)

②筋腫・内膜症・腺筋症 それぞれの特徴

③それぞれ外科的治療法の種類と適応

④それぞれの外科的治療法の適応の限界、メリット・ディメリット・合併症リスク等

⑤それぞれ内科的療法(ホルモン療法)の種類と適応

⑥それぞれの内科的治療法(ホルモン療法)の適応の限界、メリット・ディメリット・合併症リスク等

⑦各疾患の妊孕性・不妊・妊娠への影響

を中心に、とにかく、担当医に質問が出来るようになろう!! を目標として、内容を組み立てました。

毎月第2土曜日に、会場となった場所で立川例会を開催しており、色々な人の治療方針に対する悩みなどを聞いてきましたが、とにかく、「担当医に質問が出来ない」とか「担当医の説明がどういう意味なのか分からなかった」など、担当医とのやり取りの問題を挙げる人が、圧倒的に多い!

その最大の理由が、「ホルモン療法」や「ホルモン依存性疾患」など、単語から意味は推察できるが、漠然と分かった感じがしているだけで、実は分かっていないために、どんどん担当医の説明から置いてきぼりをくらってしまっている、という点。

「エストロゲン依存性疾患」と説明されても、「エストロゲン」は女性ホルモンだという事は分かっていても、どういう働きをしているのかまでは理解していないために、治療方針の詳細などの説明まで進むと、全く理解できなくなってしまう、といった感じ。

そのため、立川例会に参加したときは、その都度説明をしてきましたが、「いっそうのこと、みんなに聞いてもらおう」という話しになり、今日、講師を担当することになりました。


終わった後、

「どうでした?」と聞いてみたところ、

「今までで、一番分かりやすかった」とか、「一番理解できた」など、嬉しい言葉を頂きました(*^。^*)


今度は、8月26日(日)神奈川県大和市にあります、大和商工会議所・第2会議室(2F)午後に、Well being lab主催・たんぽぽ後援(もしくは共催)で、「女性ホルモンの働き」から「婦人科を受診するタイミング」までの話をする予定です!会場は既に確保済み!!

来週中にチラシ作製して、会場費を納めにいきます。


でもその前に、6月23日(土)にある「女性の健康」に関する認定試験のテスト勉強せねば・・・。HEALTH TALKINGの方も合わせて、同時進行、できるかな~(^_^.)?




Well being lab

昔から病弱で、極端な薬物過敏症のために、薬での治療が難しく、逆に副作用でいろいろと経験値を重ねている私ですが、せっかくだから、この長期にわたる豊富な患者経験値と、分子生物学の知識を融合させて、病気を持っていろいろと困っている人向けの情報を発信し、シェアしようと立ち上げました。

0コメント

  • 1000 / 1000